ものづくり補助金申請支援

ものづくり補助金 2019年二次公募 最新情報

2019年8月19日に最新情報が公開されました。現在9月20日15:00まで応募を受け付け中です!

郵送を廃止し、電子申請への完全移行

これまでは申請書一式は印刷をし、電子データを格納したCD-Rと共に郵送を行う方法が一般的でしたが、今回から郵送による提出は廃止になりました。
2019年の二次公募からは、ミラサポ」(登録無料)から申請を行うことになります。

事業継続力強化計画が加点対象に

事業継続力強化計画の認定を得ることで、ものづくり補助金の加点対象になりました。2019年二次公募から追加された新たな取り組みですので、ぐっと大きな加点ポイントになることが予想されます。
最近はあちこちで災害が続いており、事業継続のための防災・減災計画を立てておくことは、補助金の加点に関わらず非常に重要です。
ご希望の方にはものづくり補助金の申請支援と合わせて、事業継続力強化計画の認定についてもサポートいたします。

応募期間: 2019年8月19日(月)~2019年9月20日(金) 15時締切

2019年二次公募の応募期間2019年8月19日~2019年9月20日(金)で、最終日は15時が申請締め切りです。採択結果の発表は10月頃が予定されています。
事業完了結果1月末までと、昨年の短さを考慮したものか、期限が延長されています。
今回の2019年二次公募では、 事業類型は一般型・小規模型(設備投資のみ)に限定され、時間がかかる 小規模型(試作開発等)は対象となっておりませんので、こちらも合わせてご留意ください。


ものづくり補助金とは?なぜ人気なの?

ものづくり補助金の正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」。その名のとおり、中小企業・小規模事業者等が、生産性向上のための革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行うための設備投資等を支援してくれる(=費用の一部を負担してくれる)というものです。
単純に「欲しい設備があるけど高いからお金を出して欲しい」というだけでは使えず、それが他社(もしくは自社の現状)と比べて革新的な取り組みであり、その設備を導入することにより生産性の向上がしっかり見込めるという設備に利用が限定されます。

最大1000万円の補助を国から受けることが可能で、補助率は1/2から2/3となります。
例えば1500万円以上の設備を導入したいという場合に、条件を満たすことで1000万円を受け取ることができます。補助金はどれも後払いなので一度は自己資金なり融資で設備を購入する必要はありますが、返済する必要がないのが魅力です。

「ものづくり」という名前がついていますが、上記の「革新的な取り組み」で「生産性向上が実現できる」設備であれば、製造業に限らず多くの業種で利用することが可能な補助金です。

参考:東京都中小企業団体中央会「ものづくり補助金」

ものづくり補助金の利用例

  • 設備を導入して新製品・新サービスの提供を始めたい
  • 最新設備を導入して自動化を進め、既存工程の生産性を大幅にアップしたい など

ものづくり補助金の類型はどれを選ぶべき?

革新的サービスものづくり技術
一般形対象:設備投資
補助上限:1,000万円
対象:設備投資
補助上限:1,000万円
小規模型設備投資のみ対象:設備投資
補助上限:500万円
対象:設備投資
補助上限:500万円
試作開発等対象:試作品等開発
補助上限:500万円
対象:試作品等開発
補助上限:500万円

なんだかいろいろ種類があるが、自社はどれで申請をすればよいのかわからない…。という方に向けて、簡単にご説明します。

【革新的サービス】と【ものづくり技術】の違い

「ものづくり技術」は比較的名前からもわかりやすく、一般的な製造業においては、こちらで申請することになります。
「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」に定める研究開発やその成果の利用が期待される技術開発を指します。具体的には下記の技術からどれに当てはまるのかを選択することになります。

  • デザイン開発
  • 情報処理
  • 精密加工
  • 製造環境
  • 接合・実装
  • 立体造形
  • 表面処理
  • 機械制御
  • 複合・新機能材料
  • 材料製造プロセス
  • バイオ
  • 測定計測

「革新的サービス」は、一般的に製造業以外が申請する際に選択をします。

  • 革新的なサービスを開発する(いままでになかった新しいサービス)
  • 革新的なサービス提供プロセスを開発する(商品は同じでも、今までになかった提供方法)

上記のような取り組みを行いたい場合に利用ができます。

【一般形】と【小規模型】の違い

「一般形」はがっつり大規模の設備投資をしたい、比較的規模の大きい、資金余裕のある中小企業向けのものです。

「小規模型」は規模の小さい企業向けになっており、上限が500万円と一般形よりも低くなりますが、設備投資に限らず、試作品開発等に対しても補助を受けることができます。
小規模事業者がこの累計で応募すると、補助率が1/2→2/3となりますが、他の方法で一般形でも1/2→2/3にすることはできますので、補助率を上げたいからこの累計で応募しなければならないというわけではありません。
「試作品開発等」については設備投資が必須ではなく、額は少なくても良いから、幅広い投資に助成を受けたいという場合にお勧めです。

対象経費

一般形機械装置(設備投資必須)
・技術導入費
・運搬費
・専門家経費
・クラウド利用費
小規模型(設備投資)機械装置(設備投資必須)
・技術導入費
・運搬費
・専門家経費
・クラウド利用費
小規模型(試作品開発等)・機械装置(設備投資可)
・技術導入費
・運搬費
・専門家経費
・クラウド利用費
・原材料費
・外注加工費
・委託費
・知的財産権等関連経費

ものづくり補助金の申請の流れ

STEP 1書類作成申請書類の作成をします。
STEP 2応募申請ミラサポから電子申請を行います。
STEP 3審査
(事務局)
(審査が行われます)
STEP 4交付申請採択をされた場合は、交付申請を行います。
STEP 5事業実施申請した事業を実施します。
STEP 6実績報告事業の実施報告をします。
STEP 7確定検査
(事務局)
(報告をもとに最終的な補助金額が確定されます)
STEP 8請求費用を請求します。
STEP 9補助金支払い
(事務局)
補助金が口座に振り込まれます。

ものづくり補助金を活用したい場合に気を付けたいこと

補助金は毎回の募集時に、「事業期間」が定められています。大抵はその年の終わりの12月が設定されていますが、そうでない場合もありますので、募集の際には締め切りを必ず確認する必要があります。
一次公募の場合は採択結果は7月頃に発表されます。二次公募の場合は当然もっと遅く10月頃。そこから事業期間の締め切りまでに、交付申請、発注、納品等、申請した計画の全てを完了しなければなりません。
一次で採択されなかったから二次で…と思っても、二次では発注してから納品までを期間中に終えることが出来ず、そもそも申請ができない、という場合もあり得ます。

少なくとも発注から納品がスムーズに進むように、「応募が始まってから利用を考える」のではなく、「事前にメーカーや金融機関へ相談を行ったうえで応募」という流れをつくれるように早めに計画を立てましょう。

ものづくり補助金申請支援

ものづくり補助金は設備投資に関する助成が行われるということで、非常に人気も高く、前回(平成31年度一次公募)の全国の採択率はおよそ50%でした。約2社に1社という結果ですが、決して低い訳ではなく、いつもより高い結果です。(通常平均は約40%)
傾向として、1次公募よりも2次公募の方が採択率は下がる傾向にありますので、おそらく今回の2次公募も採択率は50%以下になることが予想されます。
申請書類は10数ページに渡ります。本業の時間を割いて長時間かけて作成しても、かならずしも採択されるわけではありません。

また、「補助金は申請して採択されれば終わり」ではありません。
ものづくり補助金に限ったことではありませんが、補助金は①先に自社でお金を支払って設備購入等を行い、②その投資によって申請した計画を正しく実行したことを報告し、③その後初めて支払われます
さらに、その後も5年間継続して事業がどのような状況かを報告する義務が発生します。

当方は、単なる「補助金申請書作成代行屋」ではありません。審査項目を踏まえた上での会社の強みを活かした事業計画の作成と、また、制度の説明から補助金を受け取るまでの全ての工程について(ご希望があればその後の事業報告についても)、ご希望の工程を全てご支援いたします。

ものづくり補助金申請支援の流れ

1.初回相談ものづくり補助金の公募要領のご説明や、申請にあたっての留意点、スケジュールについてお伝えします。
【無料支援】
※訪問の場合は交通費を実費請求いたします
2.事業計画に関するヒアリング企業様の事業内容や、今回の補助金で考えられている事業計画についてお伺いします。
実現可能性や新規性等が、補助金申請にあたり満たしているかの確認も行います。
3.事業計画書の作成支援事業計画書の作成支援をいたします。
審査ポイントを踏まえた、誰にでも読みやすく理解しやすい計画書の作成を全力サポートいたします。
4.加点項目の施策の実施支援経営力向上計画、先端設備導入計画、事業継続力強化計画等の加点対象となる施策について、策定の支援をいたします。
【着手金の範囲内で無料支援】
5.申請書類の最終確認申請書類の最終確認を行います。
ミラサポでの申請作業は企業様ご自身にお願いしております。
6.交付申請採択された場合、事業を開始する前に交付申請書の作成を行い、提出します。
【希望者には無料支援】
7.中間報告遂行状況報告書を作成し、提出します。
【希望者には無料支援】
8.実績報告の申請支援事業完了後、補助金を受け取るために実績報告書を作成し、提出します。
【希望者には無料支援】
9.補助金の請求補助金の請求を行います。
【希望者には無料支援】

ものづくり補助金申請支援の料金

フルサポート

着手金100,000円(税別)
成功報酬8%(税別)
※着手金とは別に8%

【お手軽プラン】申請書の添削のみ

添削料(3回まで)20,000円(税別)
  • 添削のみのご支援の場合、採択・不採択に関わらず添削料金が発生します。

ものづくり補助金支援実績

  • 製造業
  • 建設業
  • 洗濯業 等

対応エリア

訪問対応可能エリア

神奈川県

横浜地域横浜市
川崎地域川崎市
横須賀三浦地域横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
県央地域相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
湘南地域平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
県西地域小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

東京都

23区内、武蔵野市、三鷹市、国分寺市、立川市、町田市、八王子市、他

※上記に限らず、ご希望がございましたらまずはお問合せください。

電話・メール対応可能エリア

全国対応可能


ものづくり補助金と合わせて取りたい施策

ものづくり補助金と合わせて取ることでお得になる施策をご紹介します。

先端設備導入計画

先端設備等導入計画を合わせて取ることで、下記のような特典が得られます。

  • ものづくり補助金が優先採択される
  • ものづくり補助金の補助率が1/2から2/3にアップする
  • 設備投資に係る固定資産税を3年間ゼロにできる

事業継続力強化計画

事業継続力強化計画を合わせて取ることで、下記の特典が得られます。

  • ものづくり補助金が優先採択される

経営力向上計画

経営力向上計画と合わせて取ることで、下記の特典が得られます。

  • ものづくり補助金が優先採択される
  • 設備投資について、即時償却(設備投資をした年に全額損金計上)または、10%の税額控除(10%+αの法人税等の減税)のどちらかを選択できる
    ※ 先端設備計画の固定資産税ゼロとの併用も可能です

ものづくり補助金申請支援ビジネスパートナー募集

ものづくり補助金申請支援について、中小企業者様に広く知っていただき、必要時に活用いただけるよう、ビジネスパートナー様を募集しております。
ものづくり補助金を活用してお客様に設備投資・システム投資を行っていただきたいメーカー様や、設備投資・システム投資を予定されているお客様がいる税理士法人様、認定支援機関様等、ぜひ一緒にお客様をサポートいたしましょう。

当方で対応可能なサービスの例

  • ものづくり補助金の説明会(貴社の社員様向け)
  • ものづくり補助金の説明会(貴社のお客様向け)
  • ものづくり補助金と合わせて活用できる施策の説明会(貴社の社員様向け)
  • ものづくり補助金と合わせて活用できる施策の説明会(貴社のお客様向け)
  • ものづくり補助金を利用したいお客様の相談対応
  • お客様へものづくり補助金を説明するためのチラシの作成
  • お客様の補助金申請支援